20代の仕事探しは可能性が多い

af9920044716w1.20代の仕事探しの可能性
 20代の仕事探しでは、ポテンシャル採用という切り札が利用できるため、さまざまな仕事を選択できる可能性があります。そのため、未経験であっても、希望する職種や業界に転職しやすい異業種転職が可能な年代と言えます。キャリアチェンジが可能だからこそ、自分のやりたいことや適性を十分に理解してから仕事探しをすることが長期的なキャリアづくりに役立ちます。

 そこでまずは、将来につながる仕事を探す必要がでてきます。ここで間違うと、数十年後には企業や経験が時代に取り残されて、転職しようにもできないこともあるからです。

2.将来につなげるための仕事探し
 20代では簡単に仕事を探すことができます。そのため、やみくもに求人サイトやエージェントに登録して情報収集する人も多いのではないでしょうか。しかし、それでは将来につながるようなキャリア就職は実現できません。まずは、応募企業や業界、職種を決める前にしっかりと事前に考えるべきことがあるからです。そこで仕事探しの前には、必ず自分が得なことと不得意なこと、何をしている時が充実感を感じるのかなど、徹底的な自己分析を行う必要があります。

 これができたら次のステップに進みながら、机上の空論ではなく五感を駆使して情報収集を行います。その際のポイントは

  • 多くの業界の企業説明会やセミナーに参加して、企業の担当者に会うことで、興味分野を絞り込む
  • 興味を持った企業と競合、その業界の将来性について調べる
  • 面接を受けて、自分のイメージ通りにキャリアを構築できるか見極める

3.まとめ
 20代の仕事探しでは、可能性が多い分だけ、ネットや頭の中だけではなく、実際の五感を使って情報収集して自分に合った仕事探しをするのが大切です。そして、後悔しない納得のいく仕事探しのためには、できるだけ質の高い求人情報を収集しましょう。そこで、複数の求人サイトや転職エージェントに登録して、それぞれの得意分野の情報をしっかり収集した上で積極的に企業に足を運び選択することが大切です。

 しかし、20代で複数回転職してしまうと、応募できる企業や業界の選択肢が限られてしまいます。仕事でキャリアを積みたいと考えている場合には、20代の仕事探しが肝要ですから自分の基盤を築くためにも、妥協しないで十分な時間と労力をかけて選択する必要が出てくるでしょう。

【特集】
30代の転職を勝ち取る
30代の転職、そのポイントや注意点を随時更新中。

高卒の求人で就職支援

高校中退からの就職
経験を積む場を探すには?高校中退でも就職可能?続きはこちらで。

フリーターが知っておくべき就職マニュアル
就職してフリーターから抜け出す方法