在職中と離職中の転職活動のメリット、デメリット

 転職を決断した際に、例えば今勤めている会社にいたまま転職活動をした方がよいか、または勤めている会社をいったん辞め、それから転職活動をしたらよいか迷う方がいらっしゃいます。在職中の転職活動も、離職中の転職活動も、それぞれメリット、デメリットはあります。

 まず、在職中の場合、次に勤める企業から内定をいただいたとしても、すぐに勤められるわけではないため、3ヶ月ほどはかかってしまいます。こうした際、企業側に早期の欠員補充の計画がある場合は、デメリットとなってしまいます。また、離職しているからこそ、必死で面接にも臨む反面、在職中だとある程度心の保険もあるため、悪い意味で気楽になってしまう方もいるようです。しかし、逆に、在職中だからこそ、目標や将来を落ち着いて考えながら行動でき、焦りから転職先を決めてしまうといったことも少なくなるため、こうした視点からするとメリットといえるかもしれません。

 一方、離職中であっても、前職を辞めてから3ヶ月程度以内であれば、落ち着いてじっくりと転職活動をしていると企業側にもアピールすることはできますが、これが半年以上も離職期間が続くと、こうしたことを面接で述べても、「無収入なのに、何をそこまでこだわっているのか」「どんな企業やどんな職種が希望で、何を求めているのか」など、必要以上に企業側から質問されてしまいます。

【特集記事】
xn--no1-g73b1ca4zpjmfxh6347fqfkb.net/
おすすめの転職サイトを上手に活用する方法教えます!

 志望する企業からこうした質問をされたとしても、逆にそれを逆手にとって、しっかりと相手が納得できる答えを用意できれば、まだメリットとして働くのかもしれませんが、「他社でも長期間採用されない人を、なんでうちの会社で採用しなくてはならないのか」とデメリットとして考えられてもまったく不思議ではないだけに、落ち着きながら目標は立て、なるべく早く転職先を決めた方がよいかと思われます。頑張ってください。