胡散臭くないアピールを踏まえた転職活動

 転職活動の際にアピールする場面において、応募書類の中で書いてある内容や面接でのアピールに関して、日本人に謙虚の方向性である傾向が強いです。謙虚な応募書類の内容や面接では、やる気の面が見られて、採用を躊躇してしまう場合が多いです。胡散臭いアピールの例として、会社の運営を賭けたプロジェクトを動かしたり、多額の規模に関する受注を自分だけで行うなどの一見すると凄い経歴が羅列してある場合が多いです。

 結果的に一見すると凄い経歴に関しては、必要以上の胡散臭さがあると採用担当者が感じられる場合もあって、会社の経歴に関して本当かどうかを疑問に思ってしまう場合もあります。自信を持って事実をアピールしたとしても、採用担当者は当然ながら応募者の凄い実績を垣間見えていないので、懐疑の心を生じるのは当然の事です。

 しかし、応募者がアピールする際に事実である事を伝える事はもっともな事であるので、凄い経歴がある情報を充実させる必要があります。凄い経歴に関して具体性の入っている情報があると、採用担当者から応募者に対する信頼性が上がって、採用担当者の印象が大きく変化する事は間違いが無いです。

【人気記事】
既卒就活ナビ|はじめの一歩を踏みだそう
既卒の就活を効率よく進めるための知識満載!

 例えば、大きなプロジェクトを動かしたのであれば、どんなプロジェクトとして動かして、規模の大きさと任務の概要を把握して、自分が行った役割をアピールします。大量に受注したものを自分で請け負った場合に、受注した場合の秘訣や受注を行っている時の観点や受注の際に大変であった時に乗り越えた事を伝えて、具体的な実績を伝える事が重要です。アピールの際に自分のスタンスを貫きながら前歴における仕事の具体性を踏まえて、仕事に関する実績を分かりやすく提示する事です。